ハゲの効果的な対処法

つむじハゲは加齢だけでなく、体質や生活習慣
ストレスなどの様々な要因から若い年代でも起こりうる症状です。

全体的には髪の毛の量が、それほど少ないわけでもないにもかかわらず、つむじだけがハゲになっている方というのも少なくありません。

若い年代なのに、つむじハゲが進行している症状の時は、AGAの疑いもあるので、自己流治療をする前に一度下記のような専門のクリニックなどで検査をしてみると良いかもしれません。

銀クリ


医師の診察

AGAのクリニックでは、血液検査で簡単に「つむじハゲ」がAGAによるものか判断することができます。

仮にAGAだった場合には、利用者の90%以上に効果がある内服薬の処方や頭皮の血行促進に役立つミノキシジル配合の外服薬によって、抜け毛の進行を食い止めることができます。

AGAはホルモンの分泌量のバランスが乱れることによって生じますが、この治療で処方される飲み薬や塗り薬は、抜け毛の原因となる男性ホルモンの分泌量を抑えて正常なバランスに導いてくれます。

その結果、徐々に髪の毛が増えていきます。

内服薬の処方

この薬は副作用もほとんどなく、万が一トラブルが生じても服用を中止することで元通りになりやすい薬です。

また、つむじハゲに有効といわれている頭皮の血行促進に関しても、効果の高い外用薬以外にヘアケア製品の紹介やハリ治療、マッサージなども行っているところがあり飲み薬と併用することで、さらに改善効果が期待できます。

あわせて、クリニックでは様々な専門分野のスタッフと抜け毛の原因であると考えられる食生活や睡眠時間、ストレスなどを改善する方向で指導していくことで体調を整えて抜け毛を予防することも相談できます。

いずれも即効性があるというものではありませんが、継続することで抜け毛が収まるだけでなく、徐々に新しい髪の毛が生えて元通りに近づいていきますので、まずは診察を受けてみるのもいいでしょう!

トップへ