禁煙でつむじハゲ対策

禁煙をするとハゲが治るという俗説があります。

つむじハゲの原因はタバコにあるというのですが、これは一体どういうことでしょう?
とにかく健康に悪い、副流煙など二次被害もあると言うことで、世間的にも敵視されています。
これには、健康被害があるという厳然たる証拠があってのことです。

喫煙者にはハゲが多い?

その原因はニコチンにあります。
これは、体内に入って血管を収縮させるとされています。

これが悪の根源です。

血管が一瞬でも収縮することで、一時的に栄養が運ばれなくなります。ということは、そろそろつむじハゲが気になっているという方にとっては、毛髪を作る毛母細胞に常に100%の栄養が来ていないことになり、少しずつハゲの要因ができてしまうことに納得されることでしょう。

ですから、愛煙家でハゲを気にされている方が、その場で禁煙をすることで、栄養の行き方が変わっていき、つむじハゲの原因そのものをシャットアウトすることができることになります。それと、喫煙そのものが体内のビタミンCを破壊してしまいます。

ビタミンCは、体内において大切な仕事をしている成分で、特に若さを保つための活性酸素を除去するという働きをしています。喫煙によって、それができなくなることで、血液や血管が老化の速度を速めてしまうと言われています。

その事自体、つむじハゲにとっては最悪な事態になります。ということで、いかに人の体にとって害があるか、ハゲを作る原因になるかということです。

もちろん愛煙家以外の方もつむじハゲになってしまう方は多いですし、愛煙家でもハゲない方もいらっしゃいます。しかし、タバコ自体、体に悪影響をもたらす存在そのものと考えると、吸わないほうが良いというのは承知のことでしょう。

つむじハゲ対策として、禁煙がオススメなのは当然のことといえます。
禁煙をしたら、あっという間に毛が生えるということではなく、ハゲる確率が低くなるハゲ対策の一つと考えてください。

トップへ